ごあいさつ

HOME » ごあいさつ

元気に育てよう!未来の宝!
園長  大和田 義昭



  本園は138年の歴史と伝統を誇る専修大学の付属である専修大学松戸中学校・高等学校の併設幼稚園として、昭和54年4月に開園し、創立40年目を迎えた幼稚園です。
 開園以来、「親切で、思いやりの心をもった子どもを育てる」「健康で明朗闊達な子どもを育てる」「表現力豊かな子どもを育てる」という目標を掲げ、〈躾教育〉や〈情操教育〉〈体験教育〉を中心に教育しています。
 子どもたちが「つよく あかるく のびのび」と成長するよう新しい取り組みにも力を入れていきます。その中で「がんばる心」「あきらめない心」「やってみたいという心」を強く大きく育つようにサポートしていきます。
 これからの時代は、グローバル化やAI(人工知能)の進化によって、私たちはこれまでに経験したことのない変化の大きい時代を迎えます。このような時代に求められているのは、「自ら考えて、答えのない課題に主体的に取り組み、問題を解決する資質や能力」つまり「生きる力」を養うことです。幼児教育の重要性はこの「生きる力」の土台を築くことだと思います。
 子どもの持つ潜在能力を最大限に引き出し、そして子どもの奥にある最高の輝きを発することができるように我々教職員一同、次の時代を担う社会の「宝」としての子どもを元気に豊かに強く育てたい、という思いをいつも胸に、毎日、全力で保育に取り組んでいきます




  • このページの先頭へ